AB型の男性というと、なんだか最悪な人が多いように見えないでしょうか。実はこれを書く筆者はAB型の男性です。そして、いろいろなサイトに書かれているとおり、確かに最悪なところはあります。恋愛や友達、仕事においてなどでそう思われるポイントを書いてみたいと思います。勘違いしないでいただきたいのは、本人の方であればなるべくそれを少しでも認識すること、他の血液型の方はここに書いてあることがすべてだとは思わないでください。改善するもうまく付き合うかどうかも、それぞれの方の自由です。

 

スポンサーリンク

AB型の男性はここが最悪

■すぐに放置してくる
AB型の男性と付き合って、まずは最悪と思ったポイントでは放置という面にあたっている方も多いのではないでしょうか。楽しくデートをしてみたり、LINEなども欠かさずになるべくやりとりして、少しでも多くの時間を一緒に過ごして、お互いに理解しあいたいものですよね。とはいえ、前述した理屈は知っていても、AB型の男である筆者もあまり、こういった付き合い方は好きではありません。AB型特有の思考ともいえるかもしれませんが、男女限らず付き合っていても、結婚しても常に一緒の部屋などは本人にとってもつらいことが多いです。最悪の場合、老後に喧嘩になるということもあるようです。

 

■喜怒哀楽が薄い
これはAB型が何を考えているかわからないと言われたりするポイントでもあります。ポーカーフェイスといいますか、喜怒哀楽が薄いのです。これはAB型の男である筆者も似たようなことを指摘されたことがあります。もし、そんな最悪なポイントを持ち合わせている男性を見かけたら、もう少し喜怒哀楽の表現はしても大丈夫だと伝えてみてください。筆者も、ここをわざとオーバーにやるくらいで生活すると、周りとうまくいきました。これまた、演じていることで大半どうでもいいのでショックをうけたふりや喜ぶべきポイントだろうなということは、オーバーなくらいに表現しております。

 

スポンサーリンク

 

■腹黒い
これはAB型男性とかなりの喧嘩になった時に体験する最悪なポイントではないでしょうか。普段本人の口から出ないような言葉があれよこれよとぽんぽんでてくることがあります。それを見た他の人は怖いなんて思うこともあります。これは、先ほど書いたことに通じることですが、AB型の男性がしっかりと喜怒哀楽を表現するべきポイントです。他人に察してはまったく通用しません。また、考えも思ったより周りは否定しません。もう少し、本人の方は人を信用してみましょう。世の中は温かいです。ただ、信用していないとそれなりの周囲からの対応を受けるかもしれません。

 

■冗談が通じない
AB型の男性でこれは人によりますが、冗談が通じないなんてこともあるかもしれません。筆者も、大人になるまではそうでした。なんというか、すべてに対して考えを白黒ハッキリさせたかったり、グレーゾーンというのを本人が認めづらいのです。そして、まじめすぎるところもあるので、結果的に冗談が通じないとなってしまうのです。これは、中々AB型の男性の方が直接この文章を読んでも、あまり理解できないことかもしれません。当時の自分に筆者も同じことを言ったところで、理解できなかったと思います。だからこそ、そういった最悪と思われるポイントがあるとだけまずは認識してください。

 

■嫌になるとすべてを拒絶する
AB型の男性にとって、世の中はあまり良いことばかりではないかもしれません。そして、いろいろ嫌になることがあるかもしれません。気持ちとしては筆者も分かります。そして、嫌になって目の前の問題をすべて投げ出したくなるのです。場合によっては、喧嘩すると音信不通になるカップルもあります。気持ちを落ち着ける時間だけまずはもらいましょう。そして、改めてすぐに問題に取り組む精神をもってください。もしくは、周囲はそれを持たせてみてください。これで円満に行くことが多いはずです。

 

■自分が好きすぎる
これは筆者もあるかもしれません。AB型の男性というのは、自分が好きという方は多いのではないでしょうか。ナルシストとは違います。自分の信念に従って、そう生きているので、そのように最悪に思われることが多いです。特にこれは若い方にありがちなことですが、ある程度自由にさせてもらったら、少しずつ社会に慣れていく練習もしてみましょう。これを突き詰めすぎると、結局のところは独身になってしまうことが多いです。結婚願望があればこれは最悪すぎるポイントです。あっても良いのですが、程ほどにしておきましょう。

 

■自由すぎて
AB型の男性が最悪と思われるのは、こういったところかもしれません。あらゆることに対して、気まぐれすぎる動き方をするのです。こればっかりは、AB型の男性の本人にも中々分からないことだと思います。しかしながら、ここでヒントを与えてみると、天気に関係していることが多いです。筆者は、お問い合わせフォームから相談され足り、実際に復縁したり、自分がわからないAB型の方に、そういったところで気分は変わるから法則を発見しろとアドバイスしております。

 

■口悪い
AB型の男性でこれはいまだに筆者もある最悪なポイントです。口悪いというところもあるかもしれません。これは、合わない人にとってはとことん合わないところです。相手に心を許している証拠でもありますが、相手によってはそれは控えたほうが良い場合もあります。意外とこのあたりは、AB型とB型でお互い口悪いところがあって「へへっ!」となっているので、案外合うところがあるのです。お互い言ったとして、その場でイライラしたとしても、お互いに切り替えは早かったりします。

 

■まとめると、似ているところがあるから
なんだかんだで、AB型の男性を最悪だと思うのは、似ている部分もあるからだと筆者も思います。まず、根底にあるものとして、思いもよらないシーンを目にすると、まずは単純に「え?なんで・・・?」と疑問が浮かぶと思います。「AB型男って最悪!」とはならないはずです。ラーメンにジャムを入れる方を見たとすると、大半は理解に苦しむはずです。本当にあったとすればマナー的にも最悪ですが。それはともかく、それを見て、真っ先に最悪だとは思わないかもしれません。それと似たような感覚であると筆者は思っております。

いろいろ勘違いもあるけど、本当に最悪なAB型男性もいる

AB型の男性で最悪なポイントをいくつか紹介してきました。そして、似ているところもあるからこそ最悪に思えるという結論でまとめました。しかしながら、実はAB型の男の筆者も少しこれは最悪なAB型だなと思うところがあります。前述したいくつかのものは、筆者も持ち合わせているので、特に嫌悪感もないのです。あまりにも自信がなさ過ぎるAB型の男性であり、それを行動に移せない方です。そうすると、AB型の男性というのは周囲へ嫉妬の感情を持つようになります。思うだけであれば、まだましなのですが、平気で相手を引きずり下ろそうとするのです。また、やり口もとても巧妙です。そういった性格が見え隠れしているポイントがあれば、それは当サイトでは残念なAB型と表現しております。そして、さらに残念なことにそういった方からもクレームのメールは来やすいです。それを見て、筆者はイラっとしているわけではなく、もし、そういったことを送りたいのであれば、むしろ送ってください。理由としては、このサイトへ何かしらの不満をぶつけることで恐らくスッキリすることはあるのではないでしょうか。そういったストレスへの受け皿になっているというのであれば、むしろアンチのようなメールも大歓迎です。それが世の中にぶつけられない分、少しは明るくなるかもしれません。確かに一瞬傷つきますが、そういった形でも世の中の役に立てているならば、AB型の男の筆者はそれはそれで良いという考え方を持っております。もちろん違う場合もあって、そもそもやさしすぎる方がこちらのサイトを読んで、少し腹がたった部分もあったりして、話していると良い人だなと思うこともあります。

 

スポンサーリンク