AB型の人間関係において、お困りの本人の方、それ以外の血液型の方に向けて色々なことを紹介してみたいと思います。AB型も人間関係に悩んでおり、周囲の方も人間関係に悩んでいる、そんな負のスパイラルを見かけます。管理人も悩みまくったAB型の一人でした。AB型について勘違いされていることも少なくはなく、頭おかしい、性格悪い、疲れるなんてネガティブな言葉が出てくることも少なくはありません。前置きが長くなるとまずはAB型の方が疲れてしまうので、先に本人に向けて紹介を行います。

 

スポンサーリンク

人間関係に悩むAB型はこうするといいよ!

■感情を交えて自身をしっかりと表現しよう
まず、一番AB型が苦手で嫌いなことを書きます。まずは自身の感情を交えて表現しましょう。例えば友達や上司、恋人などに叱られることは血液型に関係なくよくあることです。この人は、比較的軽い注意で済んでいるのに、自身だけかなり怒られてしまうというようなことは実はAB型にはあるあるではないかと思います。怒られた場合は怒られたなりのレスポンスが必要です。「AB型さん、これはこうしなきゃダメだ!」と伝えられたのであれば、AB型は人間関係において「あ、そうですか。気をつけますね。」と内心悲しんだり、怒りながらその感情表現を抑えることが多いですが、「えぇ、そうなんですか・・・。ちょっとショックです。」と場合によっては感情表現をすることが大事です。その理由は下記で説明します。

 

■なぜ、自分は理解されないのか
友達や上司どころか、彼氏や彼女にすら理解されないAB型で、AB型本人はとても悲しんでいることが多いです。なぜ、理解されないのか、考えても謎は深まる一方ですが、解決策は単純です。まずは、自身の感情をしっかりと表現することで「こう考えているんだな」と相手に伝わります。正攻法でAB型には伝わりづらいと思われるので、例えばあなたが悪意を持ってSNSなどで相手を煽ったとします。無反応であったり、効いてないアピールをすると、イライラして余計にムキになってしまいます。何かしらの表現があれば、伝わったんだなと感じます。それと同じ事で、しっかりと反応してあげることが大切です。注意をしても聞いてないように考えられてしまいます。

 

■すでに悪化している場合は場を改めるか鍛える
最悪すぎるまで人間関係が悪化しているAB型も少なくはありません。学生の場合や会社の場合は、なるべくその場を改めるようにしましょう。学生は1年を乗り切るか、会社の場合は地の底までに落ちてしまった信頼回復というのは難しいです。何よりAB型のモチベーションが保たないかもしれません。そういった場合には、しっかりと自己分析をした上で場を会社などを変えてみましょう。もしくは、その会社に留まっておきたい場合もあります。その場合には体を鍛えることがおすすめです。根性論を振りかざしたいのではなく、鍛えることによって人間関係に関して改善を心がけるホルモン濃度が上がるのです。

 

■すべて一人でこなそうとすると孤立する
AB型は人間関係で頼ることはとても苦手です。「相手に迷惑を掛けてしまわないか」そんな気持ちで、日常を過ごしていることが多いです。AB型なりにしっかりと考えて、真面目に人間関係もこなしていることが多いですが、頼ることも必要です。仮に本当に自分ひとりですべてを行えたとしても、わざと頼ることがおすすめです。一般的なAB型以外の人間の考え方の仕組み上、不出来な人ほど可愛がられます。真面目な人ほど評価されず、いい加減な人間ほど評価されているのは、結局そこに感情が交じるからです。これはもしかすると、血液型はあまり関係ないかもしれません。他の血液型の方も、参考にしてください。

 

■本質的に人間関係が嫌いな場合
本当に人間関係そのものが、ここまで読んで嫌いになったAB型も中には居るかもしれません。筆者の考え方は「それはそれでOK」です。社会で過ごしているならば、考えなければならないポイントですが、本質的に人間関係が嫌いな場合は社会を変えることは残念ながらとても難しいです。そうであれば、自身が変わることが一番早いです。例えば、最終的に独立することなども視野に入れると良いです。独立したからといって決して楽になるものではありません。人間関係もありますが、辛いポイントは確実にズレてくれます。

 

■献身的なAB型へ
人間関係でも献身的なAB型が居ます。それは、AB型でもB型寄りです。ただ、このタイプのAB型に該当していた場合には、そうしないと自分は役立たない価値のない人間ではないのかと、不安の下で行うことが多いです。ただ、それだけはやめてください。自発的にやりたいのであれば、やると良いのですが、人間関係で疲れてしまっている場合には、その面で利用されてしまっていることもあります。ずっと甘えられっぱなしの状況です。時には、相手を見捨てることも優しさになります。

AB型との人間関係に悩むあなたへ

■最低なAB型を見た場合の人間関係の考え方
ここから、AB型以外の方に人間関係の解説を行います。まず、AB型に対して、AB型から見ても最低のAB型は居ます。筆者は当サイトで、残念なAB型と表現しております。根底からどうしようもないAB型もいるので、これは血液型というよりは成長過程が残念すぎたと言い換える方がしっくりくると思われます。これまた他の血液型からみても、A型、B型、O型から同じ血液型を見ても残念な人はどこにでも居るものです。つまるところ、あなたがこれ以上看過できない場合には、無視が一番おすすめです。

 

■人間関係においての説明を求める場合
例えば、AB型と人間関係を築くにあたって、AB型の気に食わない行動を見かけたとします。「どうしてそういうことをするんだ?○○は△△で〜」と持論を展開された上で、AB型に問いかけることもあるでしょう。ただ、これはAB型を単に混乱させてしまっていることが多いです。なるべく質問は簡単にしてみましょう。AB型の会話の特徴として、話がよく飛ぶことがありますが、そういった一問一答のような会話で終わりを認識することが多いのがAB型の考え方です。だからこそ、そういった会話でAB型に問いかけてみると、意外としっくりと来る反応をするはずです。会話の途中で疑問点が浮かばれたとしても、話をさえぎらず聞いてあげましょう。小分けにAB型に質問するイメージです。

 

スポンサーリンク

 

■争いごとが嫌いなAB型ではない
人間関係において、AB型は実は争いごとは嫌いではありません。「めんどくさいから(もしくは怒られるから)、自分の意見を控えよう」というような考え方があります。もし、人間関係でAB型が争うとすれば、相手の自由を束縛することです。言い換えれば、AB型に喧嘩を売りたいのであれば「普通は○○するよね?」と何度か伝えるだけで、怒らせることが出来ます。何か特定のやり方に当てはめてそれを強制する意味に捉えることが多いです。一般的な「普通」とは普通ではないことも多々あるでしょう。女子は甘いものが好きというような決め付けは、一部の女子は不快感を抱くことと同じで、決め付けの意味にもなります。これは、あなたも行われると嫌なことかもしれません。ここで注意ですが、わざと喧嘩をふっかけるために使うことは絶対にやめてください。そういった悪意はAB型が一番察しやすいです。

 

■AB型の発言は人間関係で信用していい?
AB型の発言は矛盾することが多く、「こう言っていたのに、実際は違うよね?」というようなお問い合わせを頂くことが多々あります。これはAB型あるあるで、管理人は手に取るように分かる内容です。しかも、お問い合わせする方の主張はAB型の管理人から見ても、正当性のあるものばかりです。そんな中で、双方の内容を理解した上で、AB型に人間関係で歩み寄るのであれば、言葉より行動面で信用してあげてください。行動でどうしようもないことを行っているのであれば、それはAB型が悪いことです。言葉ではなく、行動から感じ取るようにしましょう。また、行動から感じ取る場合でも、AB型はAB型の考えを持ちます。そのため、判断はあなたの自己基準となっても仕方のないことではありますが、AB型に対してネガティブな考えを持ちすぎた場合には、自己基準で考えていないかを改めてみましょう。基本は、AB型は表現が下手なことも多く、誤解もされやすいです。だからといって、他人任せにするAB型もどうかとAB型の筆者は感じます。

 

■仕事ならば配置によっては天才的なスキルを発揮する
仕事でどうしようもないAB型を見かけたとします。人間関係は悪化させたくない場合もある場合も少なくはありません。世の中はきついようでとても優しい方ばかりです。もちろん、お問い合わせいただく内容も温かい内容で筆者はとてもうれしいです。話がそれましたが、もし仕事で人間関係でそういった場面に出くわした場合には、AB型の得意な配置に変えてみましょう。驚くほど、業務の効率は改善します。しかも、あなたが上司の立場であれば、会社からの評価もうなぎのぼりです。

 

■恋人関係で悩んだ?こうしよう!
ほとんどの場合は、恋人などの人間関係で悩んでいることが多いと思います。検索エンジンで調べてみても、「AB型は人間関係が苦手なんだ」と紹介される内容ばかりで「じゃあ、どうしろって言うんだ。そこが知りたいんじゃ。」と考えるかもしれません。恋人関係で、お互いの思いが伝わらないことが一番危険なことです。例えば、自分なりの愛を伝えても、相手に伝わっていないこと。AB型との恋愛でよくあることです。AB型もまた愛情表現をしているのに、相手に伝わらない。お互いに悲しすぎる出来事です。それを改善するために、まずはAB型に表現をさせる練習をしましょう。彼氏や彼女は、あなたに何かしらのことを表現することにかなり気を使いすぎています。AB型が悩みを打ち明けてきた時には、あなたも場合によっては許せないこともあるかもしれません。さすがに管理人も刺身にジャムは戸惑いを感じます。それに該当しない場合は「それくらい早く言いなよ」と笑いながらAB型を安心させる気軽な雰囲気で、表現の練習をさせると、カップルは強い絆で結ばれます。

 

スポンサーリンク