AB型の彼氏に別れ話を告げられたり、それに近い話をされたけど、とにかく別れたくないという方に、今回はAB型の男性筆者がどうしていくべきなのかということを解説してみたいと思います。また、別れたくないという前提で、まずは彼氏が言っていたことなどを記憶の片隅からでもいいので、思い出していく必要があります。そういえばこんなことを言っていたなと思うものがあれば、特にその部分は注意深く読んでみてください。また、いろいろとパターンがあるので重要な順番で書いております。

AB型の彼氏と別れたくないけど別れを告げられた

おそらくお読みの方で、すでに別れた後の場合で別れたくないというような場合があると思います。もし、それに該当しているならば、まずは連絡は2〜3ヶ月は取らないでおきましょう。そういうのもAB型の彼氏の特徴を考えてみると、別れ話を告げたにせよ、はたしてそれで良かったのだろうかと考えたり、さまざまな出来事を振り返って、それを考えている傾向にあります。筆者も似たようなことを行いますが、仮にその期間中に連絡をしたとすると、考えがまとまっていないので、とんでもない返答がきてしまったり、別れたくないのに結局別れることになったということにもなってしまいかねないので、冷却期間が必要です。そこで、改めて連絡をするといいです。その時には、心配を実際にしているかしていないかはさておき、そう考えている風なメールを送ってみましょう。そこから、連絡なり復縁なりがスタートします。ここは意外とAB型の彼氏にとって重要なので覚えておきましょう。

 

スポンサーリンク

別れたくないと思っているAB型彼氏の見逃してはならない兆候

■参考
AB型の男性が別れたいときにとるサイン【本人解説】

 

さて、AB型の彼氏というと、考えていることがわからないと一般的に言われたりします。本音を言わない、秘密主義にあたるところで、実際にそんなところはAB型の筆者もありますが、別れとなるとAB型の彼氏にとってはその決断をしていることを実は前から伝えていたはずです。おそらくあなたはそういう風な発言は一切していなかったように思えると感じるかもしれません。しかし、AB型の彼氏は重要なことまでもサラっと言ってしまう傾向にあります。それだけにその警告に大半の方は気づいていない傾向にあります。例えばの話ですが、「うるさい!」と怒るところをAB型はどのように伝えるかというと、本当に嫌味でもないような感じで「ちょっと声のボリューム下げてね〜」とかなり柔らかく言う傾向にあります。別れたくないという話に戻すと、何らかの警告をあなたにしていなかったでしょうか。思い出せるならば思い出してみましょう。ちょっとしたこんな出来事で些細ではあるが、注意されたな、冗談交じりに嫌味を言われたなというのであれば、もしかするとあなたに対する警告だったのかもしれません。実際に筆者も感情的になって、付き合っている人に怒鳴ったりするのは苦手です。それだけに、落ち着いた感じでトラブルになることもなく、うまく伝えようという考えから、そうやって伝えるようにします。それでもダメならば、嫌味っぽく言ってみたりと、実はそのあたりを発言するにも人一倍考えたりします。それだけに、AB型の男性は無口だと言われたりします。このあたりは書いていてなんとなく思い出してみたので大丈夫です。もし、思い出せなかったら、先ほどの見出しで説明したような冷却期間をまだ別れていない前提で、2週間〜1ヶ月くらいは彼氏の頭の中の整理をする期間を作ってあげて、そこから話を進めてみましょう。

 

スポンサーリンク

AB型の別れたくない彼氏、復縁の可能性はある?

これは実はちょっと難しい問題です。そういうのもAB型の彼氏と別れたくないとしても、あなたがどんなことをしたかにもよります。例えば浮気だったりなどであれば、AB型の彼氏は全員とまでは言わないものの、ほとんどしない傾向にあります。そして、相手にも同じことを求めるのがAB型の彼氏です。そういうより、一般的にしないのが正しいです。その常識的な部分を踏まえ、そのあたりの暗黙のお約束を簡単に破られたとなると、あなたがいくら別れたくないといっても、それはワガママにになってしまいます。可能性としてはゼロなわけではありませんが、限りなく低いものと見積もっておきましょう。

 

次に、AB型の彼氏に本当は別れたくないのに、一時的な感情で別れたいと言ってしまったというのはカップルではありがちなことです。しかしながら、彼氏にとってはそれは禁句でもあります。「そう、それならばそうすればいいよ」とあっさり切り捨てられて、びっくりしている方も多いのではないでしょうか。このあたりの駆け引き的なものだったり、プライドを傷つけてしまうような行動だったりはAB型の彼氏はかなり嫌います。それだけに、その言葉をまんま受け取ってしまって、さらに怒らせている可能性があるので、この場合の復縁の可能性についてもちょっと微妙です。

 

ここまで書いてみて、AB型の彼氏と別れたくないにせよ、あなたが完全に悪いというわけでもなくお互い様という場合もあります。これは筆者の推測ですが、冷却期間が必要になるまでの話に発展しているならば、彼氏は過失割合のような感じで考えていると思います。そして、自分にも悪いところがあると思ったならば、すぐさま話に応じてくれたりすることもありますので、先ほど書いた2つのことに該当していても、必ずしも可能性は低いというわけではないことは覚えておきましょう。

 

■復縁相談はじめました詳しくはお問い合わせフォームを参考に!

AB型の彼氏と別れたくないならば最後にこれだけは覚えておこう

最後になりますが、AB型の彼氏とこれから何かしらの会話やコンタクトは取ると思います。そういった時に、あなたにも思うところや、すでに泣きたい感情かもしれません。特に別れたくないという気持ちがあるのであれば、そのあたりで怒ったり、感情的になって泣いて話にならないような状況だけは作らないようにしましょう。そのような状況は特にAB型の彼氏は嫌う傾向にあります。さらに、その状況を意図的に作っているとするならば、それを冷ややかな目線で見られて「もう帰っていいか?」と言われてしまいます。あなた自身も気持ちを落ち着けて、前向きで建設的な会話をしてみましょう。そうすることで、お互い理解しあえるはずです。

 

彼氏の言っていることにすべて従えと言っているわけではなく、AB型の言語やお約束に従いながら会話していると思えばあなたも幾分か気持ちが楽になること間違いなしです。別れたくないと思ったならばここまで書いたことをぜひともお試しください。

 

スポンサーリンク