AB型の方をもっと知りたい、実際にいいところはあるのかという方に向けて、今回はAB型のいいところを片っ端から挙げてみて紹介してみたいと思います。場合によっては、この血液型はプラスにもマイナスにもなりますので、物は見方というような感じになるかもしれません。ただ、ここについてつっこんでしまっていては、大半のAB型記事はそれでつっこめてしまうので、そのあたりはさておき、いいところを発見してみましょう。

 

スポンサーリンク

AB型のいいところ一覧

・実用思考な考え
AB型のいいところは、無駄なことを嫌います。生活空間においてあるものはほとんど、実用的なものにしか興味を示さないので、色々なものに対してお金を使うことがありません。例えば、ブランドバッグを見ていいなと思うことはほとんどありません。他の人と張り合うことに意味を感じていない場合が多いので、自分が気に入ったものしかお金を出しません。そんなことからケチとも言われることがあるのですが、AB型本人はこのあたりを言われても気にしてはいけません。無駄のないことって素晴らしいですよね。

 

・結婚したら意外と金は使わない
AB型が唯一お金を使うとしたら、大半の場合は異性だったり、趣味だったりで、結婚前は浪費癖があるのではないかと思わせるかもしれませんが、それはあまり気にしない方が良いです。結婚したらAB型はかなり意識が変わることが多いので、それがAB型のいいところでもあります。そんなことから、しっかりと節約できる傾向にあるので、家計が苦しいという言葉もあまり出てきません。例外はありまして、たまに張り合うことにしか眼中にないAB型タイプも居ますので、そこは結婚する前に見抜いておきましょう。

 

・頭の回転が速い
頭が良いと言われていたり、頭の回転が速いと言われているのがAB型のいいところです。これは勉強が出来るという意味ではありません。恐らく興味が無ければ、勉強は並以下のレベルになってしまうAB型も多々あります。それでも頭の回転が速い方は多いです。要するに、生きていく力があるというのがいいところです。実は筆者もAB型なのですが、勉強などは特段できるわけでもなく平均的なレベルではありますが、仕事で物事を解決したりする時は、頭の回転がかなり速いと言われることが多々あります。

 

・男性は仕事、女性は人間性が結婚したらアップする
AB型のいいところというのは、半分近くが結婚したら開花する傾向にあります。男性はこれまで適当にやっていた仕事を、特に頑張らなければいけないという気持ちになったり、女性は人間性がかなりアップする傾向にあります。そんなのどこでもそうだよと思うかもしれませんが、AB型は特にこの傾向が強いのです。例えば、結婚後の生活で男性が女性に甘えっぱなしという状況だったり、子育てをしないなんて状況はシャレにならんくらいヤバい状況です。

 

スポンサーリンク

 

・びっくりするような発想が出来る
AB型は時にびっくりするような発想をすることがあります。色々な視点から物事を見ることが得意な傾向にあり、それらを総合した結果、難題に当たっても諦めることが他の血液型よりは少ない傾向にあります。常識にとらわれていないせいもあってか、そんなところから物づくりだったりが得意です。実際にSNSを見ていると、お絵かきしている方は意外とAB型が多かったり、それでいてうまかったりもします。筆者はちなみにこうやってサイトを作ったり、プログラムを書いたりするという意味ではクリエイティブな方向で才能が開花しているのかもしれません。

 

・社長向き
AB型のいいところでもあり、そうではないところでもあるのですが、人と関わる時にたまに常識を無視した対応をすることがあります。そういった素振りを見せると、社会的にアウトではあるのですが、あえてそうできるのもAB型のいいところだと感じております。筆者もちなみにですが、フリーランスという時代を経て、今は経営者の一人です。そういうより、あまり会社に属してみんなと働くという能力が一般より乏しかったので、そうするしかなかったというのもありますが、今となってはそれで良かったなと思っております。こうやって趣味で書ける時間も出来ました。

 

・静か
うるさい人が苦手という方であれば、AB型の静かなところはいいところではないでしょうか。特にAB型は大人数で騒ぐのが苦手という傾向にあります。むしろ、無口だったり暗いと言う人が居ますが、これは多分マイナスな見方しか出来ない人の意見なんだろうなとは思っております。そんなことはさておき、日常生活もこれまた静かな傾向にあるので、一緒に暮らしていてうるさいと思うことはありません。ある程度の育ちも関係していると思いますが、それにしてもAB型はその傾向が強いです。

 

・割り切り上手
仕事は仕事、家族は家族、友達は友達というようにしっかりと割り切りができているのがAB型のいいところではないでしょうか。言い換えると、仮に付き合っていても付き合っている関係と友達の関係は全くの別物だと考えているので、他の異性に目が向くことは案外少ないです。さらに、結婚まですれば浮気で離婚ということは筆者は今まで一度も見たことがありません。親戚中AB型が多いのですが、やはりそういった光景は1度も見ませんでした。そして、過去に勤めていた先の社長も同じ血液型だったというパターンが何回かありますが、そこでもそういうことはありませんでした。

 

・〜してあげたが無い
たまに恩着せがましい人が居ると思います。この人に○○をしたからといって、日記帳にまでつけている人が多いですが、AB型はそういったことを目的として行動をしているわけではないので、そういったことがありません。さらにですが、AB型が何か人のためになるということは、大半の場合は本心で相手を好いて行っていることなので、そういうところもいいところだと思います。難しいと思われているAB型も何だか理解できてきたのではないでしょうか。もしくは、あなたがその血液型ならば実際にそう思うはずです。

 

・合わせるのは実は得意
例えば、親戚のお付き合いだったり、会社同士の付き合いだったりで今時分はどこのポジションに居るというのは、ほかの血液型の人より状況を察するのがうまいです。だからこそ、適切な発言が出来たりするのです。空気を読まないという意見もありますが、それはあえてやっていることがほとんどです。また、そういったことから相手を喜ばせる言葉というのは意外とその場でぱっと判断できるのもいいところです。特に好んでいる人に対しては、ねぎらいの言葉をかけたり、励ましの言葉は人一倍上手です。

 

・切り替えは早い
マイナス思考なところもありますが、切り替えが早いところがあるのはいいところです。他の血液型にとっては、何でそんなところで落ちこんで、何でそんなところでポジティブなんだろうと思われるところもありますが、多分人生で重要視しているところが違うのかもしれません。そういった人と違った価値観を持っているというのは素晴らしいことです。そうではないと気づけないことは多々あります。

 

・感情やその場に流されない
何かしらのことがあって、AB型の目の前で泣いたり怒ったりということがありますが、AB型にはそれが通用しないというところが、いいところです。たまに泣いて勝とうとする女性、とりあえず怒りまくって何とかしようとする男性は案外多いです。そんな場面に直面しても、むしろ冷静になる一方です。また、その場の勢いに負けてということは世の中に良くあることですが、確たる自分を持っているAB型は多いので、そんなことでうっかりしてしまうことはまず無いといって大丈夫です。たまに本気でうっかりさんのAB型も居るので、傾向論としてお考えください。

 

・聞き上手
AB型に悩み事を相談すると、意外とすっきりする方は多いようです。それがAB型のいいところです。あんまり相手に深入りせず、とにかく否定も肯定もしないというところが、人にとっては心地よいのかもしれません。ちなみに、AB型のその時の本音についてですが、割とどうでもいいと思っている傾向にあります。むしろ、早く逃してくれないかなと思っていますが、口にすることはほとんどありません。それをダイレクトに言ってしまう方も多いのですが、それを絶対に言わないのも、相手を傷つけないという意味ではいいところです。

 

・フェアに接することが出来る
AB型にとっては比較的上司部下、先輩後輩というような考えはありません。そして、子供に対してもですが、フェアに接する方は多いです。それがAB型のいいところでもあるのですが、たまに子供とマジになって言い合いをしているお母さんも居るので、それはちょっとどうかなと思ったりします。もちろん、それだけAB型のお母さんは真剣なのは承知しております。ちなみに筆者の母と祖母がAB型で同じような感じでした。それは後に自分の考えが大人になるにつれて、それはフェアに接してくれているということは、手に取るようにわかったので、愛情表現の1つとして今は考えております。

 

スポンサーリンク