AB型がイライラしているので仲直りしたい。いや、むしろ見ていてイライラするというような方に向けてAB型本人の筆者が、同じ血液型にとって嫌なくらい解説してみようと思います。また、そんなAB型でもちょっと取り扱いがA寄りなのかB寄りなのかということで違う部分もあるかと思います。ただ、一致している点もありますので、そこを今回は深く掘り下げていくものとします。ちなみに筆者の実家は父親を除いてみんな同じ血液型でなんともめんどくさい構成になってカオス状態です。

 

スポンサーリンク

AB型がイライラしているときは放置しよう

何かしらの形でAB型を怒らせてしまった、よく分からないけどAB型がイライラしているというようなことがあると思います。そういうときどうすればいいのかというと、放置しておきましょう。そういう時に限って、AB型の頭の中はどうなっているのかというと、あれこれと、とんでもないことを考えていたり、そうかと思えば建設的なことを交互に考えております。ただ、大半の場合はそのとんでもないような状況に、相手が運悪く話しを聞きだそうとすることがあります。そうなると、AB型の怒りは爆発してしまう可能性があります。考え居ていることをあまり悟られたくないAB型にとってはその行動が神経を逆撫でしてしまう可能性があるのです。もし、ちょっとでも仲良くなりたいのであれば、そういったことはやめておきましょう。ちなみに、他の血液型にも当てはまるかもしれませんが、AB型自身がイライラする要因としては、強制されること、本音を無理に聞き出されること、理由無きアドバイス、否定をされることです。AB型の筆者に戻って考えてみても、やはり生活のほとんどでこれがイライラの原因をしめております。

 

また、AB型というのは大半の場合は独自の世界があったりします。要するに、妄想が大好きな人間です。それを真剣に仕事でも、デート中でも、真剣な相談でも、何をしている時でもたまに、そちらに思考が寄るときがあります。そして、聞かれることがあります。「怒ってるの?」とよく言われますが、そうではありません。大半は何かしらの妄想をしていたり、反対に何も考えておらずボーっとしていることが多いです。AB型の大半は気を抜くと仏頂面になってしまうので、それが普段から笑顔あふれる方にとっては、ちょっとイライラしているように見えるポイントなのかもしれません。

 

スポンサーリンク

 

とにかくですが、AB型の人がイライラしているような兆候を見せたとすれば、とにかく放置しておくのが安定です。そして、自分が本当に悪いなら悪いと認めるにもちょっと時間がかかったりします。そこで本当に反論したくて、あなたが正しい場合もあります。ただ、ちょっと頑固者のAB型にとってはそこを認めるのには時間がかかってしまいます。素直に、そうだったのね、ごめんねと言えません。そして、言うにもかなりの時間がかかります。あなたが気にしない頃に謝ってきたりすることもあります。自己解決するまでは、なるべくそっとしておきましょう。

AB型を見てイライラするという方へ

さて、ここまではAB型の考えなどについて書いてきましたが、それを見たほかの血液型からの意見です。恐らく多くの場合はO型の方がAB型を見てイライラするのではないでしょうか。ちょっと陰湿な部分があったり、口が悪かったり、協調性の無さなどが特に目に付くようです。これはAB型も承知していることです。さらにはO型の方には嫌われやすいというようなことも経験上知りえていることです。ただ、そんな中でもどうやって仲良くすればいいのか、このイライラを何とか解消したいと思うかもしれません。そのための解決策は、まずはあなたが一歩大人になることです。AB型は良くも悪くも独自の世界がありすぎて、他の人と関わりを持つことに慣れていません。反面、O型の方であれば大抵のことはオープンにしたり、人に合わせる能力はAB型をはるかに超えて長けています。その能力を、今回存分に発揮してください。そのAB型を見てイライラするのであれば、わざと仲良くしようとしないのが得策です。あなたがO型であれば、それを意識してください。そうすることで、むしろイライラしているAB型と仲良くなれたりします。ただ、履き違えないでほしいのが、あからさまにいじめたり、無視をするというのではなく、本当に事務的な会話オンリーです。そんなイライラするAB型でも、O型の方と特に仲良くするような術は本人なりに時間がかかってでも見つけ出そうとしております。そして、筆者もO型の方を理解するのにはかなりの時間を要しました。もしかすると、こうやって書いている間にもちょっとイライラさせてしまったかもしれません。そうなってしまえば、申し訳ないの一言しか出ませんが、とにかく相手よりちょっと大人になって、一歩抜かしてやろうというような心構えで居てください。そうすることで、あなた自身の成長に役立ったりもします。血液型に意味はないというような発言もよく見かけますが、傾向論としては合っているので、筆者はある程度は信じております。

 

スポンサーリンク