これまで、相談サービスを含めてAB型を理解できない、AB型は理解されないなどの相談をカウンセリング中に多く頂きます。それによって、生じる気持ちの結果はAB型もそれ以外も、怒りを感じてしまうか不安になってしまうと思います。そもそも、どういった面を中心に理解していくべきなのかということを、本人やそれ以外の血液型の型に向けて紹介してみたいと思います。まずは、できないとお悩みの方が多いので、それを中心に書いていきます。されない側のAB型はどうするべきなのかと、二段階に分けております。

 

スポンサーリンク

AB型が理解できない原因は表面を見ているから

まずは、AB型が理解できない理由としては、あまり本音を発しない傾向にあります。うんうんと、その他の血液型もうなづけることだと思います。それによって、自分の彼氏や彼女、友達や上司部下は何を考えているのだろうかと、ますます頭を悩ませてしまうかもしれません。正直なところ「疲れる」がその他の血液型の方の本音だと思います。もしそういった場合には、AB型の発している言葉はあまり向き合わないことをおすすめします。ほとんどの方が、AB型を理解できない原因として、言葉だけを信じている傾向にあります。逆に考えれば、彼氏彼女のカップルの関係であれば、「AB型はこう言っていた」と発言する方は少なくはありません。本人の表現力の低さも相まって、行動面で理解しましょう。そして、特にAB型の彼氏や彼女を持つ男性や女性が難しいと感じている点は、大抵はその場の発言を当サイトでご相談いただくことも少なくはありません。場合によっては「AB型はなんでこんなことを突然言い出すのだろうか、理解できない」とご相談を頂くケースもありますが、大抵はそれ以前にあった出来事が高確率で関与していることがあります。甘えてきたと思ったら、いきなりツンツンしたり、何かと難しいものです。そうかといえば、一途なAB型も見えたり、余計に困惑してしまうその他の血液型の方も居ると思われますが、まずは前述の考え方で参考にしてみましょう。ここまで書いたことを少しだけ言い換えてみるならば、その場の出来事だけでAB型を判断しようとせずに、そうなるまでに何があったかと考えられるだけで、当サイトを読まれることへの理解度は、かなり増します。それぞれの細かなケースについて、具体的な説明を行いたいところですが、こちらはほかのページと多く被ってしまうため、その他のページを読んでみましょう。その他の血液型の方に向けた内容はここまでです。次に、AB型に向けてかなりきついことを書いてみたいと思います。恐らく本人も読んでいる可能性が高い検索キーワードだからです。

 

AB型は本音を言わないけど本当は何考えてる?【必見】

AB型が理解されないとお悩みの本人へ

お待たせしました。ここからAB型へ向けた本人への話です。前もって心の準備をして読んでください。かなりAB型にとって「これは気に食わない内容だ」と思うことを書きます。何せ、筆者がAB型なためそう感じるだろうと思います。特に「何で俺が、私が」と感じられるAB型の方ほど要注意です。前置きが長くなりましたが、手短に説明してみると、AB型が理解されないことは恐らくAB型本人も相手を理解していないと思われます。

 

スポンサーリンク

 

その時点で、AB型の大好きなフェア精神なのですが、ここはAB型本人が若ければ若いほど、その矛盾に気づけないと思います。例えばですが、SNSで当サイトのスクリーンショットをたまに貼り付けている例を見かけます。それは、AB型ってこんな人だよという意味だったり、少しでも理解してほしいと感じられていると思います。その方法はとても良い方法です。それに、AB型本人の方にTwitterなどで拡散してくれていることについては、心の底から感謝を申し上げたいです。残念ながらその程度では相手に理解されません。悲しすぎる出来事ではあります。後は、自分をもっとオブラートに包まずに表現してみることです。嫌味な意味ではなく、素直にそう感じた感情を表現してみましょう。そんなアドバイスをされたところで、AB型にとっての一番の難関です。筆者も相手のことを考えるあまりに、オブラートに包みすぎた結果、何も伝わらないことがこれまでの人生で多かったです。しかしながら、それはAB型に対してしか通用しないものでもあります。感情をしっかりと表現し、思ったことをAB型にしては、ストレートに伝えてみましょう。ここで、AB型は相手は怒ったり悲しんだりするのではないかと、不安になるかもしれません。現に、筆者はそう考えます。しかしながら、めんどくさいことにAB型以外には、結構ストレートに伝えた方が「え!そういうことだったの!?」と理解してくれることが多いです。これは、AB型にとって意外な事実だと思います。例えば、ここまでの話は、彼氏や彼女だけではなく上司部下や友達の関係でもありえる話です。何かしらの純粋な意図をもって、あなたに相手が注意したとします。ほとんどのAB型は「あ〜すんません、気をつけます。」といった反応をするでしょう。これが、他の血液型にとっては気に食わないのです。何を考えているか分からない、理解できないの話に戻ってしまいます。そこで、仮に怒られたときなどは「えぇ、本当ですか・・・(本気でショックそうな表情)、気をつけます。」と発言してみたり、少し反論したいとすれば「それはとても悲しいです。でも、本当に気をつけます。」といったようなオーバーリアクションが良いです。本当に思っても思っていなくとも、アホくさいと思うAB型も居ると思われます。少なくとも、若いときの筆者にそんなことをアドバイスしても「めんどくさい」と感じますが、生きてきた中での良い対処法です。あなたが少しでも楽に生きる知恵になるはずです。

 

スポンサーリンク