AB型の年下の男性へアプローチする方法をお探しの方に向けて、今回はAB型の男性本人が書いてみたいと思います。年下男性、それにAB型というところにちょっと謎の要素を感じていて、どうすれば良いか分からないという方も多いと思いますが、基本的な性格だったり、恋愛傾向だったりはこの血液型に変わりはありません。そんなことから、性格面ではほかの記事を参考にしていただければと思います。そこにうんざりするほど書いておりますので、それを踏まえたうえで、どうやってアプローチするかまでを紹介します。

 

スポンサーリンク

AB型年下男性へはまずは仲良くすることから

AB型の年下男性であるかどうかということに関わらず、AB型の方にアプローチするまでには仲良くするところから始まります。特に近づきすぎたりというと、逃げてしまうので要注意です。このあたりに似ています。「どうぞどうぞ」「いえいえ、お気遣いなく」のような日本人バリバリの精神です。だからこそ、まずはゆっくりと仲良くなりましょう。急がば回れです。とりあえず、何ともないような日常会話をまずは出来たら成功です。そんなレベルからなのかと思うかもしれませんが、警戒心はほかの血液型より高いために、最初はこのあたりでまずは手を打っておきます。そして、ある程度気軽に日常会話が出来るようになれば、次のステップです。ちなみにこのアプローチ方法はこのあたりが重要なので、何となく読んだ方はもう一回本気で読み直してください。

AB型の年下男性を軽い遊びに誘おう

AB型の方を誘うには、気軽に参加できそうな遊びにでも誘う必要があります。この時点でちょっとめんどくさがられる可能性もありますが、ちょっとだけこの喫茶店行きたいし一人じゃ行きづらいからというような理由(ここ大事)をつけて誘ってみましょう。案外年下男性ということもあり、そのあたりは乗ってくれる可能性は高いです。そして、何より軽く遊べるというのは、あなたにおいてもあまりにも気まずすぎたりする場合もあるので、そのあたりを避けるためのお互いのデートの手段です。このあたりから、やっと年下のAB型の男性は心を開いてくれるかもしれません。このあたりまではがっつり相手の警戒ラインに入っているので、それをうまく解きほぐしてあげるのが重要です。そして、その間の間の会話に、趣味だったり、好きなことを聞き出してあげましょう。特にAB型の方ほとんどは、実は自分を知ってほしいと思っている一面もあります。それだけに、自分の事を真剣に聞いてくれたり、理解を示してくれる相手というのは重要な存在です。それは男女関わらずなのですが、少しでも恋愛感情だったり、彼氏にしたいのであれば、あなたが理解できなくとも、その時点で否定したりするのは絶対にやめてください。あなたなりに本気で語ってくれているというような熱心なシーンがきたらしめたものです。このあたりで、デートは切り上げるものとして、次につなげていきましょう。ちなみに長男の方であれば、静かなタイプのお店、次男、末っ子だったりするような場合のAB型の年下男性であれば、多少はうるさくても大丈夫です。

AB型年下男性と何気ない会話ができるかがポイント

さて、AB型の年下男性の脈ありサインとしては、案外何気ない会話でも熱心に返してくれたらそれは脈ありポイントと言えます。アプローチまでにちょっと時間はかかってしまうかもしれませんが、LINEだったりメールだったりで徐々に返信時間が早くなってきたり、以前にも増してマメだなというような印象を受ければ、そろそろのサインが出てきております。相手も同じようにあなたに少なからずとも恋愛感情を抱えているかもしれません。そして、そこから長い遊びに誘ってみたりして、あなたもAB型の年下男性のことを理解できる時間としても有効だと思いますので、そのあたりであなたの考えもしっかりと整理しておきましょう。そうはいっても、恋は盲目。余計なお世話だったかもしれませんが、AB型の年下男性であれど、このあたりは常に理屈で考えているので、気は抜けない傾向にあります。そのために、何気ない会話が出来るかということがポイントになってきます。そして、このあたりからあなたのアタックも徐々に強くしていくと良いです。

 

■参考
AB型男性の脈ありサインを徹底的に教えます

年下男性のAB型に実際にアプローチしてみよう

ここまでこればAB型の年下男性はもうあなたがゲットしたようなものです。特に何も考えることなく、デートの別れ際に好きであることを告げることです。相手から告白させる方法もありますが、それまでアプローチはもう待ちきれないというような場合であれば、こっちのほうが確実です。もじもじしているより「好きです!」とキッパリ言い切るほうが、相手にとってかなりの好印象です。できれば、AB型の年下男性にアプローチする際には、ロマンチックなムードかどうかというよりは、別れ際かつ夜であることをおすすめします。夜は、たいていの人間は寂しくなるように出来ており、AB型は特にこのあたりで孤独な気分にさせられることが多いです。だからこそ、そういった心理的なものにもつけこんでいきます。基本的に相手から告白してくることはなく、告白してきたらそれはレアケースで、自分に魅力がありすぎると思っても過言ではないくらいです。ちなみに筆者も、好きな女性は居ましたが、デートまではしたものの、告白することが出来ず仕舞いでした。

 

スポンサーリンク

AB型の年下男性にアプローチする場合の注意点

・序盤は入り込みすぎない
おさらいになりますが、AB型の方全般に言えることなのですが、序盤は入り込みないようにしてください。特に心の中は何も知らない相手に知られたくない傾向にありますので、そのままアプローチしつづけていると、目の前から居なくなってしまいます。最悪会社でのつながりの場合は、退職されてしまうくらいまでは離れてしまうので要注意です。序盤だけはしっかりと固めておきましょう。AB型の筆者との約束です。

 

・プライドを傷つけない
AB型の年下男性であれど、それなりのプライドは持って生きております。それだけにめんどくさい生き物ではあるのですが、特に本人が自信を持っていることなどに対して冗談でも傷つけるような発言をやめましょう。筆者も似たような経験があり、それで相手のことを本気で嫌いになってしまったことがあります。話のベクトルを分かりやすく例えてみると、八百屋さんなのにドラゴンフルーツ置いてないの?くらいめちゃくちゃなことを言われて、腹が立って好きになるどころではなかった覚えがあります。

 

・依存しすぎない
特に年下男性とかには限らず、AB型の方は過度な依存を嫌う傾向にあります。まだ20代くらいであれば、そんな感じはありませんが、後半あたりになってくると、依存されることについてかなり重く感じたり、それがきっかけでデートや会話の頻度が減ってしまう傾向にあります。そんな割りに、相手に安心感を求めている傾向にありますので、ちょっと矛盾しているところもある感じがしますが、それも若い内の話です。

 

・相手の時間を重要にする
これはかなり重要項目ですが、AB型の方であれば、特に相手の時間を重要と思いましょう。特に一人で居ることに対して抵抗があるタイプではありません。むしろ、一人の時間が重要とすら思っております。そんなタイミングでデートに誘うと苦い返事が返ってくる傾向にあります。もしくは、あなたに気があっても、時間制限で約束を取り付けられることがあるかもしれません。本人なりに何かを解決しようとしている時間かもしれませんので、アプローチする前段階は特に気をつけておいてください。

 

・マナーは良くする
AB型の男性は比較的マナーが良い傾向にあります。それだけに年下男性であれど、食べ方だったり、立ち振る舞いというのは気にする傾向にあります。世間体がどうというより、本当にマナーが微妙な方は嫌いなタイプになってしまう傾向があります。あなたもそうかもしれませんし、そう感じたらなおさらマナーは良くすべきです。ここで、イクラのお寿司に直接醤油をつけるようなマニアックなマナーにダメだと言っているわけではなく、例えば食べ方でクチャクチャ鳴らしたり、すすったりする人が居ます。そういった人を嫌う傾向にあります。

 

・年の差を感じさせない
難しい話ではないのですが、AB型の年下男性であっても、上下関係というのが大嫌いです。特に先輩風というものを前面に出しているのであれば、お気をつけください。基本的には平等に接してほしい、そしてそれを実行している関係にあります。だからこそ、経営者にすら同僚かのような、ちょっと厳しい発言も飛ばすのかもしれませんが、とにかくそのあたりを理解した上で接するようにしてください。

 

スポンサーリンク