AB型との話し方についてお悩みの方、そもそもどういった話し方の特徴があるのかということを書いてみたいと思います。口が悪いといったことや、それによって最悪と感じたり、最低と感じられることも多いAB型の話し方ですが、理解をすると「そういうことだったのか」と感じるポイントもあるかもしれません。それでもAB型の話し方はちょっと良くないかなと感じられるポイントもあるかもしれませんが、AB型の筆者が今回も色々とだらだらと書いていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

AB型の話し方と最低や最悪に思われるポイント

■そもそも説明不足
まずは、AB型の話し方の特徴としては、大体は説明不足であることが多いです。多分これは、当サイトを熟読されている方であるほど、説明不足だなと感じるポイントは多いかもしれません。他者として説明不足に感じられるポイントで当サイトの場合は、別の目的があります。勘違いを生まないようにするためです。そのため、こちらの記事でも説明不足だと感じられる点は、誤解を生まないようにあえて説明を省略している部分を前提にお読み下さい。こちらの記事は、人間関係で読まれるのか、恋愛で読まれるのか、それとも上司部下なのか、色々なパターンの方が読んでいると思います。本人の話に戻りますが、やはりそういったところもめんどくさがりで説明を省く傾向にあるかもしれません。また、説明そのものはとても下手です。「なんでそういうことするの!」と怒ったときに「どうやって説明したらこれは伝わるんだ」と頭を抱えているAB型も少なくはありません。

 

■慣れると大体口悪い
あなたが、AB型と関係を深めているときに、ぱっと見は常識的な考え方をしていることが多いです。AB型からすると「多分これが常識的な対応なんだろうな」という感覚で距離感を心の中で42,195kmくらいは離して相手と接していることが多いです。少しお互いに仲良くなればずばっとひどいことを言ってくることがあります。大抵はそこに悪意はないのですが、やりすぎなAB型が居ることは筆者もAB型ながら、分かっております。そういった場合は、無視しておくことをおすすめします。

 

■見方によっては冷たいと感じられる
AB型の話し方は、状況によっては冷たいイメージを受けてしまうことがあります。例えば何か悩み相談をしても、「ふーん」くらいで流されてしまったりすることもあります。別の意味で、LINEでの話し方もあると思います。多分このケースに該当した方は、大きな勘違いをしていると思います。ひとまずは会ってみると、怒ってもいなくてニコニコしていたというようなこともあるかもしれません。大抵ここに隠れているのは、あまり人に興味がないフリをしているからです。人に興味がまったくないというわけではなく、共感しすぎて疲れることを避けている傾向にあります。

 

■偏見や人を見下すところがある
これは、恥を忍んで筆者のことを暴露しますが、AB型の話し方として人を見下すところがあります。ここはほとんどの場合は、最低最悪と感じます。それは本当にそう感じられても仕方がないポイントです。実際にAB型の奥底に隠れているのは不安です。筆者は過去に、精神的にふさぎこんでいたことがあると紹介たページがありますが、そのときにまさにそういった発言を行っていました。今考えれば、相手に助けを求めていたのかもしれません。しかしながら、AB型の説明不足がとことんここで悪さをするのです。

 

■たまに一言が重い
AB型の話し方は一言で話題を終わらせる傾向にありますが、指摘をするときの一言はかなり重い場合があります。人の悩みを的確についてくるというか、神経を逆撫でしてしまうこともあります。特にこれは若いAB型か、A型寄りのAB型にありがちなことです。では、B型寄りは素敵なのかというと、考えすぎた結果説明不足になるという、それぞれのデメリットが発生しております。ちなみに、筆者はB型寄りです。

 

■上司は人間味がない
AB型の上司の話し方は、あまり人間味はないかもしれません。冷たいような、怖い対応をされることもあるかもしれませんが、そういったときにおすすめなことは無理に話をしようとしないことです。AB型の上司はあまり口数は多くないと思います。そこで、何か気の利いた話題をしようとする方も少なくはありません。上司である以上、少しあなたにとっては違和感があるかもしれませんが、無理に話をせず無言の空間を作ってあげるだけで、AB型上司は実は大喜びします。他の血液型にとっては、意味不明な部分かもしれません。

 

スポンサーリンク

AB型との話し方で気をつけるポイント

■要約した話し方をしてみよう
AB型との話し方でお悩みの方は、こういう風に切り替えてみましょう。うまく行っていない方は、恐らく詳しくその内容を説明しようとするはずです。そこで、AB型は段々イライラとしてきます。これは筆者もいまだにしてしまいます。出来れば、要約した話し方をしてみましょう。これだけで、比較的AB型と会話はうまく行く傾向にあります。特に、彼氏や彼女の関係でお悩みの方は、これを実行してみてください。すぐに反応率が良くなるはずです。要約の方法は人によって判断基準が異なりますが、出来れば一言以内がおすすめです。

 

■難しそうな顔をしているときはそっとしておこう
そもそも、AB型との話し方を考えられる場合には、まずは話しかけてはいけないタイミングがあります。筆者は特に今はこれが守られなかったところで、イライラとすることはありませんが、少なくともイライラしていた過去がありました。何かを考えている時や、仕事を真剣に行っているときは、話し方を考える前にそっとしておくことがおすすめです。メールやLINEで相手の状態が見えないことがありますが、なんでもない日常会話の返信時間が延びてきた場合には、そっとしておくサインです。

 

■口が悪いと感じたならばすぐに距離を取ろう
AB型の本人の話し方で、本当に口が悪い方は居ます。筆者はそれに対して何かムカつくと思うようなこともありませんが、人によっては「これだけは許せねぇわ」と感じられることもあるかもしれません。そういった場合には、すぐにAB型と距離をとることがおすすめです。管理人がダメだなと思うことは、口が悪いにしてもブラックジョークでもなく、相手が本当に傷ついてしまっている場合です。これはAB型が悪意なくやることがあります。逆にやられると怒るのですが、その理屈をAB型が把握していないこともあるので、気づくまで距離を取ることがおすすめです。

 

■実はAB型も他の血液型の話し方で気に食わないポイントがある
見出しを読まれた方は「なんだお前」と感じられたかもしれません。AB型も、他の血液型の方の話し方で気に食わないポイントは実はいくつかあります。それを踏まえて、お読みのあなたに文句を言いたい意図はなく、要するにお互いに理解し合えるとカップル、友達、上司などお互いに心地良いとお伝えしたいのです。すでに、ここまで真剣に読まれた方は、AB型の話し方についてのほとんどは理解されていると思います。どちらかというと、文句ではなくあなたに感謝を示したい気持ちです。

 

■カップルは感情表現はほんの少し控えてみよう
AB型との話し方で少し気をつけるポイントがあります。それは、感情表現は少し抑え目にしてみましょう。どうしてもという場合にはこの限りではありません。相手に不満をぶつけたいこともあり、特に当サイトでは相談者の方が正しいこともたくさんあります。そして、そこに何かしらのマイナスの感情を持ち合わせているということは、あなたは少なくとも相手に期待はどこかにあるはずです。それゆえ、改善を求められているでしょう。つまるところ、感情的な部分をいつもより控えめにした話し方で、建設的な会話は可能です。どうしても、彼氏や彼女に伝わらないと感じている方は、ここを少し変えてみましょう。

 

■話し方しだいでAB型は友達でも恋愛でも上司でも変わる
ここまでお読み下さり、ありがとうございます。話し方によって、AB型は実はどのようにでも変えることが可能です。もちろん、お読みのあなたの持論もあると思います。繰り返しにはなりますが、お互いに理解を示し合うことで、いくらでもAB型との話し方で状況はどのようにでも改善します。もし、あなたがAB型とうまくいかないなという場合には、AB型の話し方と、あなたのAB型に対する話し方を考えてみましょう。もちろん、AB型も他の血液型に対して、臨機応変に話し方を変える必要がありますが、うまくいかない場合もあります。ここまで真剣に読まれたあなたならば、きっとうまくやっていけるはずです。

 

スポンサーリンク